痛風の原因を知って改善|早期発見で悪化を防ぐ

医者

どんな病気なのか

看護師

年間で200人の新しい患者を出している骨肉腫は、5歳から24歳までの人が多く発症する骨の癌です。活発に運動をする少年に多い病で、発症する部位は膝間接や肩関節から比較的近い場所です。近年は、若い人の病気と言われる骨肉腫も年配者の発症を見かけるようになり、歳を取っているからと安心していられません。また、骨肉腫を放置すると腫瘍が成長していき肺に到達する恐れがあります。この状態になると腫瘤が作られてしまうため、肺がんを引き起こす可能性があります。骨肉腫の怖いところは、至るところに転移をすることです。これを食い止めるためには、早期発見と治療になるので早めに検査をして悪化を防ぐ必要があります。

骨肉腫の原因は今のところはっきりしていません。稀ではありますが、家族内で骨肉腫の発生だと癌を抑える遺伝子の異常ではないかと囁かれています。骨肉腫だと気付くのは継続する痛みです。初期はそこまで激しくないため見落とされがちですが、筋肉痛だからという理由で放置すると大変危険です。早急に受診をするよう整形外科でも積極的に呼びかけていますので気になる点がある場合はすぐ相談をしましょう。尚、検査と診断では、腫瘍によって破壊された骨の範囲を調べます。ここで使われるものはX線写真で、検査で分かることは症状の進み具合と周囲への転移です。骨肉腫と検査の段階で判明した場合は、化学療法や手術を使って改善を図ります。ただし、他の骨に異常がないかどうか詳しい検査をすることも病気を拡散させない大事な取り組みになります。そのため、しっかりと骨肉腫を理解していることや丁寧な診察をする病院を探すようにしましょう。