痛風の原因を知って改善|早期発見で悪化を防ぐ

医者

検査の種類

マスクをした女性

早期発見が克服の鍵になる乳がん健診は、対象年齢になると無料で受けることができます。その健診はいくつかの種類に分けることができます。一つ目は、問診と視触診です。ここでは医師によってしこりの有無を確認します。またこのやり方は、地域健診でも多く活用されているメジャーな方法ですが、早期発見ができるかどうかは難しいところです。ある程度大きなしこりにならないと気づかれないので、絶対に乳がんを見つけたい場合は他の健診方法を併用する他ありません。

手で触ってしこりを触る乳がん健診の他に、マンモグラフィがあります。広範囲に及ぶ撮影が得意で石灰化した腫瘍を確実に見つけることができます。ただし、若い女性の場合は乳腺の数が多い事と乳腺とがんの区別が難しいという理由からあまりお勧めされません。さらに、胸を押しつぶす形で健診を行なうことから強い痛みを引き起こすとも言われています。このように乳がん健診は様々な手法で行われますが、超音波健診だと判断がしづらいしこりを逃さずに発見することができます。痛みもほとんどなく、負担も他の健診より大分軽減されるでしょう。若い女性に合っている検査方法なので、今ではどこの病院でも積極的に行われています。

乳がん健診を早めに行なうことで、治療が困難だという状況まで進行させることがありません。また、乳がんは治る病と言われているので、女性は積極的に乳がん健診を受けるようにしましょう。最近は、ネットでもセフルチェックのやり方が紹介されており実際に乳がんを見つけた方もいます。